Archive for 2月 2nd, 2010

仕事の適性と就職

最近では様々な職務形態が登場していることあり、仕事の適性は推し測りにくくなっています。仕事に対する画一的な考え方をする人が、ほとんど居なくなってきているのも理由かも知れません。学校を卒業して仕事に就いて、定年まで転職することなく1つの企業で勤め上げるというケースは少なくなりました。仕事のスタイルも多様化し、それを受け入れる社会になっています。仕事の仕方の選択肢は、ますます広がる傾向にあります。年功序列や終身雇用といった言葉は使われなくなりました。正社員として一つの仕事に就くのではなく、契約社員や派遣社員として仕事をするという人も少なくありません。その仕事に適性があるか判断ができてから就職したいという方も中にはいるそうです。けれども近年は経済情勢が不安定なことから、収入の保証のないフリーターや契約社員には辛い時期が続いています。この頃では、正社員として働くことで収入や福利厚生の安定を手に入れ、不況の時代を安心して生きていきたいというが増しています。適性を何らかの方法で知った上で仕事探しに生かすのは、とても意味があることです。このまま不景気が続けば、転職活動もどんどん辛くなっていくのかもしれません。納得のいく職場で働くために、自分はどういった仕事なら適性があるのかを適性チェックや自己分析で模索しながら、人材あっせん会社や職業安定所の情報をあまさず調べていきましょう。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 2月 2, 2010

Categories: 未分類   Tags:

シミ改善に効果のあるサプリメントの種類

どのようなサプリメントが、シミ改善や美白のためのものとして有名なのでしょうか。一般的なのは、ビタミンC、コラーゲン、コエンザイムQ10、アミノ酸のサプリメントでしょう。ハーブ系サプリメントには、シミ改善や美肌が期待できるローズマリーやローズヒップ等があります。紫外線、加齢、出産や生理不順などのホルモンバランスの崩れ、加齢による女性ホルモンの分泌やコラーゲンの生成が減少することが、一般にシミの原因とされているようです。非常にいろいろな要素が、シミ、シワなどの肌の悩みの要因となるケースが多々あります。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの減少に効果があるそうです。大豆イソフラボンは主に大豆製品に多く含まれている成分なので、納豆や豆腐など和食の食材に多く含まれています。この大豆イソフラボンには美肌効果があるといわれ、シミ、シワなどの改善ができるといわれています。栄養はサプリメントとして摂取するのも便利ですが、充分食品から摂ることができる栄養であれば日々の食事で摂取しましょう。栄養は食生活で足りないものをサプリメントで補うというのが理想なのです。栄養素の中でもビタミンCなどは水溶性ビタミンといわれ、たくさん一度に摂っても体にと留まることは不可能です。効果的なのは、体外へ排出されしまう為こまめに摂取することなので、摂取をサプリメントで行うのが理想的です。有効な成分だけでなく特徴を知ることも、シミ改善のサプリメント摂取においては必要なことなのです。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 2月 2, 2010

Categories: 未分類   Tags:

フェイシャルマッサージの効用

フェイシャルマッサージという方法があります。顔は人間が最も使う筋肉で出来ています。フェイシャルマッサージをすることにより、筋肉や神経を和らげ血流を良くし、疲労回復が期待できます。顔の血の巡りを促進することで脂肪の代謝や老廃物の排出を促し、張りのあるきれいな顔になれます。フェイシャルマッサージによって顔の血流が良くなると全体的にすっきりした爽快感が得られますし、顔の余計な脂肪がなくなることで小顔効果が期待できます。顔のどの要素を重点的にもみほぐすかでフェイシャルマッサージには種類があります。顔面の筋繊維を意識しながら行う筋肉マッサージもあります。神経マッサージは「ツボ」に沿って圧迫をくわえながら行います。皮下脂肪フェイシャルマッサージは、もみ出すようにして強くさすります。蓄積された垢や皮脂汚れを一気に追い出す方法が皮膚フェイシャルマッサージです。リンパ腺フェイシャルマッサージはリンパ腺の方向に沿ってフェイシャルマッサージをすることにより、リンパ液の流れを促進します。いつまでも若々しく肌でありたいと希望するならば、正しいフェイシャルマッサージの方法を覚えて毎日実行することが大切です。フェイシャルマッサージを施す時には、自身の肌の状態をよく知っておくことです。そのためには脂性肌や乾燥肌など肌の状況を知ることも大事です。血の巡りやリンパの流れがアップすることで肌は健康になりますので、フェイシャルマッサージな意味を持ちます。肌にフェイシャルマッサージを施すことで、栄養を取り込みやすく老廃物を出しやすい元気な皮膚細胞が保てます。

Read more...

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 2月 2, 2010

Categories: 未分類   Tags:

美白成分-ハイドロキノン~1~

ハイドロキノンは、「肌の漂白剤」とも言われる、即効性のある美白成分です。
アメリカではFDA(米国食品医薬局)が唯一認めている美白成分でもあり、欧米の美白化粧品には主にハイドロキノンが使用されています。
日本では1957年に化粧品への配合が禁止されて以来、医薬品として、シミの治療などに使用されてきました。
当時は、ハイドロキノンと同じような効果があるとされていたハイドロキノンベンジルエーテルという薬品による、肌に白斑ができるというトラブルが続出し、その時にハイドロキノンも併せて禁止薬品とされました。
その後、ハイドロキノンの作用や効果が解明され、ハイドロキノンベンジルエーテルとは違うものだとわかり、2002年になってハイドロキノンの化粧品への配合が認められました。
ただし、美肌効果が高い分だけ刺激も高いとされ、化粧品へは濃度1~2%程度での配合となっています。
医療現場では濃度5~10%で使用されていることからみても、化粧品の安全性の高さがうかがえますが、人によってはアレルギー反応を起こす場合もありますので、高濃度のものを使用するときは医師に相談されることをおすすめします。
酸化しやすい性質を持っていますので、保管には注意が必要です。
日の当たらない場所に置くなどの管理をし、開封後はふたをしっかりと閉めて冷蔵庫で保管するようにしましょう。
また、冷蔵庫保管でも状態を保てるのは1・2ヶ月といわれています。
使用期限をしっかり守ることも大切です。
酸化してしまったハイドロキノンを使用した箇所に紫外線が当たると、さらにシミを作ってしまうことがあります。

Be the first to comment - What do you think?  Posted by  Date: 火曜日, 2月 2, 2010

Categories: 美白 化粧品   Tags: , , , ,